ラーモア回転(読み)ラーモアカイテン

デジタル大辞泉の解説

ラーモア‐かいてん〔‐クワイテン〕【ラーモア回転】

一様な磁場のもと、荷電粒子が磁場からローレンツ力を受けて起こす等速円運動。その半径ラーモア半径といい、粒子電荷q質量をm、速さをvとすると、磁束密度Bの下でのラーモア半径rは、r=mv/qBで表される。ラーマー回転サイクロトロン運動

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android