コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーモア回転 ラーモアカイテン

2件 の用語解説(ラーモア回転の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラーモア‐かいてん〔‐クワイテン〕【ラーモア回転】

一様な磁場のもと、荷電粒子が磁場からローレンツ力を受けて起こす等速円運動。その半径をラーモア半径といい、粒子の電荷をq、質量をm、速さをvとすると、磁束密度Bの下でのラーモア半径rは、r=mv/qBで表される。ラーマー回転サイクロトロン運動

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ラーモア回転【Larmor rotation】

一様な磁場の中におかれた荷電粒子円運動を起こす.その運動半径はラーモア半径*,周期はラーモア周波数*呼ばれる

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラーモア回転の関連キーワードサイクロトロン運動サイクロトロン放射ラーモア半径ランダウ準位荷電粒子SOR赤道環電流ボルツマンの輸送方程式ラーモアの定理ローレンツの電子理論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone