コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーモア回転 ラーモアカイテン

デジタル大辞泉の解説

ラーモア‐かいてん〔‐クワイテン〕【ラーモア回転】

一様な磁場のもと、荷電粒子が磁場からローレンツ力を受けて起こす等速円運動。その半径をラーモア半径といい、粒子の電荷をq、質量をm、速さをvとすると、磁束密度Bの下でのラーモア半径rは、r=mv/qBで表される。ラーマー回転サイクロトロン運動

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラーモア回転の関連キーワードラーモアの歳差運動ラーモア周波数ラーモアの定理

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android