コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・コロンビエール La Colombière

世界大百科事典 第2版の解説

ラ・コロンビエール【La Colombière】

フランス東部,アンAin県にある後期旧石器時代遺跡。フランスのピソP.PissotやアメリカのモビウスH.Moviusが発掘調査をおこない,動物を線刻した小石(直径10cm内外)を10個見いだした。これらの小石には,種々の動物が重複して刻まれ,馬,トナカイ,牛などの異種の動物像が重なっていることが多く,デッサンの練習に用いたとも考えられる。この種の線刻石(ないし彩色石)は特定の遺跡から大量に出土することがあり,当時これらを集中的に製作する集団ないし場所があったことを推察させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラ・コロンビエールの関連キーワードDJHAZIMEアメリカ栄養学会岩田ひろゆきJAMOSAエイント・ミスビヘイヴン消えゆく太陽太陽はもう輝かないエイント・イット・ファンアインファーマシーズアインメディカルシステムズ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android