リアス式海岸(読み)リアスシキカイガン

デジタル大辞泉の解説

リアスしき‐かいがん【リアス式海岸】

《riasはスペイン語で深い入り江の意》浸食で多くの谷の刻まれた山地が、地盤の沈降または海面の上昇によって沈水し、複雑に入り組んだ海岸線をなすもの。スペイン北西部の大西洋岸のガリシア地方や、日本の三陸海岸志摩半島などにみられる。リアス海岸。→ダルマチア式海岸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

リアスしきかいがん【リアス式海岸】

出入りの複雑な海岸線を示し、入江や湾に富む海岸。開析された山地が沈水してできたと考えられ、三陸海岸の南半部、若狭湾などに見られる。呼称はスペイン北西部ガリシア地方のリア(ria 入江)の多い海岸にちなむ。リアス海岸線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リアス式海岸
りあすしきかいがん

丘陵性ないし山地性の地域において、陸上侵食によって形成された谷が、海面の上昇あるいは地盤の下降のため沈水してできた海岸。海岸線は湾が連なり、出入りに富んでいる。氷食を受けて形成されたフィヨルドとは成因が違う。また、フィヨルドほど水深が深くない。リアスriasは、スペイン北西のガリシア地方、アストリア地方の山地に発達する細長い入り江の名称リアriaおよびリアの多い地方(Costa de Rias Altas)の名称に由来する。
 日本にはリアス式海岸が多数存在するが、代表的な地形は、東北地方の三陸海岸、四国西岸、九州北西岸、若狭(わかさ)湾(福井県)などである。リアス式海岸の湾頭には、漁港、商港が開け、古くから人々は海洋とかかわってきた。リアス式海岸は、単にリアス海岸ということも多い。[豊島吉則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

リアスしき‐かいがん【リアス式海岸】

〘名〙 (rias coast の訳語) 陸地の一部が地殻変動によって海面下に沈んだためにできた、出入の多い複雑な海岸線と、海に面する急斜面の崖などによって特徴づけられる海岸地形をいう。スペイン北西岸、日本の三陸海岸・熊野灘・紀伊水道などの沿岸に見られる。リアス海岸。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リアス式海岸の関連情報