コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊水道 きいすいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀伊水道
きいすいどう

紀伊半島と四国の間の海域。東西約 30~55km,南北約 50kmで,西南日本外帯山地の撓曲運動による海水の浸入により形成された。南は和歌山県日ノ御埼と徳島県蒲生田岬太平洋に通じ,北は友ヶ島水道によって大阪湾に,鳴門海峡によって播磨灘に通ずる。友ヶ島水道を通って大阪,神戸,堺の各港に出入りする大型船舶の交通量が多く,和歌山市と対岸の徳島県小松島市との間にはフェリーが運航。両岸リアス海岸で景勝地が多く,友ヶ島水道,鳴門海峡付近は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きい‐すいどう〔‐スイダウ〕【紀伊水道】

紀伊半島と四国との間にある海峡南部は太平洋に続き、北部瀬戸内海と通じる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

紀伊水道【きいすいどう】

四国と紀伊半島の間の東西,南北とも約50kmの水域。日ノ御埼〜蒲生田(かもだ)岬で太平洋に,友ヶ島水道で大阪湾に,鳴門海峡播磨灘(はりまなだ)に通じる。西南日本外帯山地を横切る撓曲(とうきょく)運動で形成された。
→関連項目有田川大阪湾紀ノ川下津[町]瀬戸内海那賀川日置川日高[町]松茂[町]由良[町]吉野川(高知・徳島)和歌山[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きいすいどう【紀伊水道】

紀伊半島西岸と四国東岸との間に通じる水域で,太平洋と瀬戸内海とをつなぐ。《水路志》ではその範囲を,南は紀伊半島側の日ノ御埼(ひのみさき)と四国側の蒲生田(かもだ)岬を結ぶ線とし,北は淡路島までとする。東西幅30~55km,南北長約45km。北端は淡路島の東西両側にある友ヶ島水道(紀淡海峡),鳴門海峡によって,それぞれ大阪湾,播磨灘に通じる。西南日本外帯山地を横ぎる撓曲(とうきよく)運動によって沈降し,形成された水道で,沿岸は出入りの多いリアス海岸をなし,湯浅湾(紀伊半島側),橘湾(四国側)などの湾入に富む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きいすいどう【紀伊水道】

紀伊半島と四国の間にあり、太平洋に連なる海峡。紀淡・鳴門の両海峡で瀬戸内海に通ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県(徳島県)〕紀伊水道(きいすいどう)


紀伊半島と四国の間の海域。和歌山県の日ノ御埼(ひのみさき)と徳島県東端の蒲生田(かもだ)岬を結ぶ線の北側、友ヶ島(ともがしま)水道(紀淡(きたん)海峡)・淡路(あわじ)島南岸・鳴門(なると)海峡の南側を占める。瀬戸内海の東口をなす。友ヶ島水道経由で大阪湾に出入りする船舶が輻輳(ふくそう)する。日ノ御埼付近や鳴門海峡南口付近は小型漁船による沿岸漁業が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀伊水道
きいすいどう

和歌山県北西部と四国の徳島県東部の間の海域。東西約40キロメートル、南北約50キロメートルで、最狭部は和歌山県日ノ御埼(ひのみさき)と四国の蒲生田岬(かもだみさき)間の約30キロメートル。水深は20~100メートル。南部は太平洋に開き、北部は淡路(あわじ)島を挟んで紀淡(きたん)海峡で大阪湾と、また鳴門(なると)海峡によって播磨灘(はりまなだ)に通ずる。内海と外洋の魚族が回遊し漁業も盛んであるが沿岸の工業化も進み、船舶の航行が頻繁で本州側に和歌山下津港、四国側に徳島小松島港がある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

紀伊水道の関連キーワード和歌山県日高郡日高町和歌山県有田郡湯浅町白崎海岸県立自然公園和歌山県日高郡由良町日ノ御埼・日ノ岬和歌山下津港由良[町]日高[町]阿南[市]下津[町]松茂[町]下津〈町〉新和歌浦小松島湾和歌浦湾白崎海岸日高川吉野川輻輳南岸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀伊水道の関連情報