コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リオネグロ州 リオネグロRío Negro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リオネグロ〔州〕
リオネグロ
Río Negro

アルゼンチン中南部の州。州都ビエドマパタゴニアと呼ばれる地域の北部を占める州で,北はコロラド川とリマイ川によって,南は南緯 42°の線によって限られ,大西洋サンマティアス湾から西へ,アンデス山脈まで広がり,西端でチリと国境を接する。北部をネグロ川が東流し州都を経て大西洋に注ぐ。ほぼ全域が年降水量 500mm以下の乾燥地帯であるが,ネグロ川上流部に建設されたダムにより北部は広範囲にわたって灌漑され,アルファルファ,ナシ,リンゴなどが栽培されるようになり,牧羊も盛ん。ネグロ川以南は砂漠状の台地で,主産業は鉄鉱石の採掘。西部のアンデス山中には湖が多く,ナウエルワピ湖を中心とした一帯は国立公園に指定されており,サンカルロスデバリロチェを基地として観光業が発展している。同市と州都のほかは大きな町はなく,住民はおもにネグロ川河谷と同州を横断する鉄道に沿って小集落をなして住む。面積 20万 3013km2。人口 50万 6796 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リオネグロ州の関連キーワードナウエルワピ国立公園フライベントスカテドラル山バリローチェチュブト川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android