コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リガチョーフ リガチョーフLigachev,Egor Kuzmich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リガチョーフ
Ligachev,Egor Kuzmich

[生]1920.11.29. ノボシビルスク
ロシアの政治家。 1943年モスクワ航空大学卒業。 44年ソ連共産党入党。航空機工場技師として勤務ののち 46~49年共産青年同盟ノボシビルスク州委員会書記,第一書記。 51年党中央委員会高級党学校卒業。 52~53年州党委員会部長。 55~58年ノボシビルスク州ソビエト執行委員会副議長。 61~63年ソ連共産党中央委員会ロシア共和国宣伝・煽動部次長。 63~65年同組織部次長。 66~76年党中央委員候補。 76年中央委員。 83年4月中央委員会組織・党活動部長。 83~90年党中央委員会書記。 84年4月最高会議連邦会議立法委員長。 85年候補を経ず政治局員に抜擢,ゴルバチョフの右腕といわれたが,のち対立し,90年7月失脚。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リガチョーフの関連キーワード大恐慌牧野省三フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス現代音楽

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone