リガチョーフ(英語表記)Ligachev,Egor Kuzmich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リガチョーフ
Ligachev,Egor Kuzmich

[生]1920.11.29. ノボシビルスク
ロシアの政治家。 1943年モスクワ航空大学卒業。 44年ソ連共産党入党。航空機工場技師として勤務ののち 46~49年共産青年同盟ノボシビルスク州委員会書記,第一書記。 51年党中央委員会高級党学校卒業。 52~53年州党委員会部長。 55~58年ノボシビルスク州ソビエト執行委員会副議長。 61~63年ソ連共産党中央委員会ロシア共和国宣伝・煽動部次長。 63~65年同組織部次長。 66~76年党中央委員候補。 76年中央委員。 83年4月中央委員会組織・党活動部長。 83~90年党中央委員会書記。 84年4月最高会議連邦会議立法委員長。 85年候補を経ず政治局員に抜擢,ゴルバチョフの右腕といわれたが,のち対立し,90年7月失脚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android