コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソ連共産党 ソれんきょうさんとうKommunisticheskaya Partiya Sovetskogo Soyuza

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソ連共産党
ソれんきょうさんとう
Kommunisticheskaya Partiya Sovetskogo Soyuza

旧ソ連の指導政党。組織的母体は,1898年結成の「ロシア社会民主労働党」。十月革命後,1918年に「ロシア共産党」と改称,25年さらに改称して「全連邦共産党」を名のり,52年ソ連共産党となった。 1903年ロシア社会民主労働党は,第2回大会で,多数派 (ボルシェビキ ) と少数派 (メンシェビキ ) に分裂,このボルシェビキが,レーニンのもとで十月革命を指導した。しかし,22年書記長にスターリンが就任して以降,ボルシェビキは変質していった。レーニンの死を契機としてスターリンによる反対派弾圧が始り,以後,27年の第 15回大会,30年の第 16回大会を頂点にトロツキー,カーメネフ,ジノビエフ,ブハーリンらが除名され,党内反対派の「血の粛清」によるスターリン独裁体制が完成された。スターリンは,一方で恐怖政治をしくとともに他方では「一国社会主義建設」を目指して第1次 (1928~32) ,第2次 (33~36) 五ヵ年計画を実施し,同時に,ソ連防衛を自己目的化した対外政策を行なった。 36年のスターリン憲法の採択は,スターリンの決定的勝利を意味している。しかし 53年スターリンが死ぬと,党内で秘密裏に非スターリン化が進行し,56年の第 20回大会ではフルシチョフによる「スターリン批判」が提起されて,内外に大反響を呼起した。 64年フルシチョフが農業政策などの失敗で失脚して以降,党指導部は,ブレジネフ=コスイギン体制へ移行した。 77年5月 24日の党中央委員会総会に I.ブレジネフは憲法草案を説明,新憲法およびソ連邦新国歌が承認された。その後,ソ連邦の崩壊と独立国家共同体 CIS創設へといたる過程で,91年8月 24日,ゴルバチョフ大統領によってソ連共産党解散とみずからの書記長辞任が発表された。これにより同年 12月をもってソ連共産党は解散,ソ連邦は消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ソ連共産党の関連キーワードヨシフ・ヴィサリオノヴィチ スターリンアレクサンドレ シャルコフヌルスルタン ナザルバエフゲンナジー ジュガーノフピョートル アブラシモフカリーニン(ロシア連邦)第三インターナショナルP.A. サチューコフエゴール ストロエフニコライ ベリャエフアルビド ペリシェユーロコミュニズムポリトビューローカリーニン大通りD. クナエフシャポシニコフソ連共産党解体コミンフォルムトロツキズム利潤導入方式

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソ連共産党の関連情報