リシャール ボーランジェ(英語表記)Richard Bohringer

20世紀西洋人名事典の解説

リシャール ボーランジェ
Richard Bohringer


1942.1.16 -
俳優
ムーラン(フランス)生まれ。
父はドイツ人、母はフランス人で、放浪生活を経て、1970年「la maisin」の端役で映画デビュー。多くの作品に脇役として出演する傍ら、マルセル・カルネ監督の助監督を務めたほか、戯曲短編小説執筆など多芸多才ぶりを発揮。その後、ジャン=ジャック・ベネックス監督に認められ、’81年「ディーバ」に出演。’84年「L’addition」でセザール賞助演男優賞、’86年「フランスの思い出」では主演男優賞を受賞。また、’88年に長編小説「Cest beau une ville,la nuit」を出版。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android