コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リジュー Lisieux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リジュー
Lisieux

フランス北西部,カルバドス県の町。「リジューの小さな花」の名で知られる聖テレーズ・ド・ランファン・ジェジュ (19世紀の聖女) の墓と,壮麗な聖テレーズのバシリカ (1929~54) の所在地で,各国から多くの巡礼を集めている。ガロ・ローマ時代はノウィオマグスレクソウィオルムと呼ばれて栄えた町で,6世紀にはフランク王国ネウストリアの最も重要な町の一つであった。 911年ノルマンディー公国領,のちイングランド領となり,1203年再びフランス領となったが,百年戦争ののちまでその帰属をめぐって紛争が繰返された。ノルマンディー地方最古のゴシック建築として知られる聖ピエール大聖堂 (12~13世紀) がある。農産物の集散地で,伝統の皮革,毛織物のほか,食品,電機などの工業が立地する。人口2万 4506 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リジュー
りじゅー
Lisieux

フランス北西部、カルバドス県の都市。人口2万3166(1999)。カーンの東49キロメートルにあり、トゥク川に臨む。この地の修道院で生涯を送ったカルメル会の修道女テレジア(仏語名テレーズ。「幼きイエズスのテレジア」「リジューのテレーズ」ともよばれる)を記念したバシリカ会堂式教会(1929~54)があり、巡礼地となっている。ほかにサン・ピエール大聖堂(12~15世紀)、サン・ジャック教会(15~16世紀)などがある。機械、電気機械、食品、木工製品などの工業もある。第二次世界大戦中には大きな被害を受けた。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リジューの関連キーワード下松駅前地区市街地再開発事業テレーズ・ド・リジューテレーズ・ド・リジューテレーズ[リジュー]ドミニク ヴィスニコル・オレームデュ・ベールコーションアランソン小さき花コルニュオレームバザンソレル爆発ロロ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android