コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リチャードソン・モデル Richardson Model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リチャードソン・モデル
Richardson Model

イギリスの物理学者 L.リチャードソンによって,1935年に出された軍備競争の数学モデル。リチャードソンは,敵対する国家もしくは国家群の軍事支出について連立微分方程式を立て,第1次世界大戦における各国列強のデータを用いて軍備競争から戦争にいたる過程を数学的に表現した。このモデルは,国際関係に数学モデルを適用した最初のものであり,その後の紛争理論の発展に与えた影響はきわめて大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android