リデル ハンナ(英語表記)Riddell Hanna

20世紀日本人名事典「リデル ハンナ」の解説

リデル ハンナ
Riddell Hanna

07の宣教師(聖公会),救癩事業家 回春病院創立者。



国籍
イギリス

生年
1855年10月17日

没年
1932年2月3日

出生地
ロンドン

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔’06年〕,勲六等瑞宝章〔’25年〕

経歴
1889年英国伝道会社の宣教師として来日。1890年35歳の時熊本に着任。市内の本妙寺で出会ったハンセン病患者に衝撃を受け、私財を投じ同寺のそばに臨時救護所を設置。1895年熊本市外の竜田山麓に回春病院(リデルライト記念老人ホームの前身)を開く。さらに母国募金を呼びかけ、1918年癩病院を建設、日本初の癩菌研究所も併設した。また国内の実力者たちに窮状を直訴し、英国やオーストラリアで援助活動を行うなどのエダ・ライトとともに広く世間に癩救済事業を訴え続け、日本の救癩事業の原動力となった。’32年死去、生前ハンセン病で亡くなった患者のために建てた納骨堂遺骨が納められた。のちライトにより病院が引き継がれる。’92年二人の顕彰会が発足、同研究所跡がリデル・ライト記念館として整備される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android