コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトルインディア リトルインディア Little India

2件 の用語解説(リトルインディアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リトル‐インディア(Little India)

シンガポール、市街中心部にあるインド系住民街。英国植民地だった1820年代に南インドからの移民がボートキー周辺に居住したが、のちに現在のセラングーン通りに移された。インド料理香辛料や食材を扱う店や衣料品店などが集まっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

リトルインディア【リトルインディア】
Little India

シンガポールのロコール運河北側にある、インド系住民が数多く住むエリアシンガポールイギリスの植民地だった19世紀、同じイギリス植民地だったインドから大量のインド人が労働力としてシンガポールに流入した。◇インド系住民の居住区は当初、ポートキーの裏手に割り当てられたが、その後セラグーンロード付近に住まいを変え、現在のリトルインディアが形成された。リトルインディアにはヒンドゥー教寺院やインド料理レストランスパイスや雑貨、民族衣装などのショップが立ち並び、独特の雰囲気をつくっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リトルインディアの関連キーワードキール運河SINシンガポール交響楽団シンガポール シーフード リパブリックシンガポール脱出シンガポールマラソンイメージ-オブ-シンガポールシンガポールのアラブストリートシンガポールのアルメニアン教会シンガポールの日本人墓地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リトルインディアの関連情報