コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リノス Linos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リノス
Linos

ギリシア神話の人物。オルフェウスと並ぶ音楽の名手で,文字の発明者ともいわれる。ミューズの一人がアンフィマロスの種によって生んだ子で,音楽にかけてはアポロンより自分のほうがすぐれていると自慢したために,神の怒りに触れて殺されたとも,ヘラクレスの音楽の教師となったが,その覚えの悪いのに業をにやして彼を打擲し,反対に大石で打殺されたともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リノスの関連キーワードCFG(City Football Group)神奈川県横浜市西区みなとみらい神奈川県横浜市港北区小机町ドニエプロペトロフスクエフパリノスのトンネルグリーン・ネックレス横浜フリューゲルスピアティゴルスキーアリ植物(蟻植物)横浜Fマリノスオリジナル10K. イーソーマリノスタウン日産スタジアムギリシア神話ブラバツキーキエティスム朴沢蟻巣跳虫水沼 貴史マリノスケ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android