コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リビアネコ リビアネコ Felis libyca; Caffre cat; African wildcat

2件 の用語解説(リビアネコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リビアネコ
リビアネコ
Felis libyca; Caffre cat; African wildcat

食肉目ネコ科。体長 70cm,尾長 40cm。体は灰褐色で,背部中央に暗色の縞があり,尾および四肢に黒色の環状模様がある。おもに夜間行動し,小動物を捕食する。南ヨーロッパアフリカアジアに分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リビアネコ【Libyan wild cat】

イエネコによく似たヤマネコ。食肉目ネコ科の哺乳類。アフリカ,アラビアパレスティナからトルキスタンインドまでと,サルデーニャ島コルシカ島イタリア本土に分布。体長48~62cm,尾長25~38cm,体重3.6kgほどになる。ヨーロッパヤマネコに酷似し,学者によっては同一種とする。体の割りに四肢が長く,四肢と尾には黒い輪状斑がある。体は灰褐色でやや不明りょうな黒色の横縞がある。腹面は黄色みを帯び,耳の背面はつねに赤褐色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のリビアネコの言及

【ネコ(猫)】より

…一般には,家畜のネコ,すなわちイエネコを指すが,広義には食肉目ネコ科の哺乳類の総称として用いる。
【イエネコの家畜化】
 イエネコ(飼いネコ)Felis catusの家畜化の歴史はイヌに次いで古く,アフリカからインドにかけて分布するリビアネコを家畜化したものとされる。ネコの家畜化は人類の居住地近くに生息する齧歯(げつし)類の捕食や腐肉をあさることができる機会を利用することから始まるもので,イエネコの出現に人類が果たした役割は能動的ではなく,むしろ受動的であった。…

【ヤマネコ(山猫)】より

…また,つめを保護する肉鞘が完全ではなく,多くは獲物を捕食するときに前肢を使う頻度が低いなどの違いがある。 ヤマネコはヒョウネコ類,リビアネコ類,オオヤマネコ類などに大別される。ヒョウネコ類の多くはヒョウに似た斑紋をもつ優美な小型ネコで,耳は丸く,その背面に上下を黒で縁どられた顕著な白斑がある。…

※「リビアネコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リビアネコの関連キーワードツシマヤマネコフォッサ家猫対馬山猫山猫対馬 やまねこネコ(猫)ベンガルヤマネコスナドリネコ(漁猫)ヤマネコ(山猫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone