コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボ

百科事典マイペディアの解説

リボ

フランスの心理学者,精神病理学者。1885年パリ大学教授,1888年コレージュ・ド・フランス教授。英国・ドイツ心理学の歴史的研究,記憶や意志の異常,人格変換,感情などの研究が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リボ【Théodule Armand Ribot】

1839‐1916
フランスの心理学者,精神病理学者。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後,1885年にパリ大学教授となり,88年にはコレージュ・ド・フランス教授となる。従来フランスで行われていた主観的・観念的心理学を否定し,哲学から分離させて,実証的・自然科学的心理学を確立。フランスの科学的心理学の祖とされる。生理学や病理学の知見や方法をとり入れて,心理学を実験科学にまで築きあげた。とくに病態心理学の知見を重視し,心理現象を発生論的にとらえ,精神機能のヒエラルヒー秩序を心理学の中核にすえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リボの関連キーワードトランスファーRNAイノシン酸ナトリウムリボルビングローンA型肝炎ウイルスRNAアプタマーリボルビング方式リボヌクレオチドリボヌクレアーゼリボゾームRNARNAワールド日本RNA学会アンフィンゼンマイクロRNAレトロウイルス植物ウイルスミクロゾームプロモーター核タンパク質転移RNAグアノシン

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リボの関連情報