コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポキシゲナーゼ

1件 の用語解説(リポキシゲナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リポキシゲナーゼ

 (1) [EC1.13.11.31](12-lipoxygenase),[EC1.13.11.34](15-lipoxygenase),[EC1.13.11.33](5-lipoxygenase).ジオキシゲナーゼでシス型ポリエン酸に作用してヒドロペルオキシドを生成する反応を触媒する酵素.自然界に広く分布している.[EC1.13.11.34]の酵素はロイコトリエンの合成に重要とされる.(2) リポキシダーゼともいう.[EC1.13.11.12]酸素を一つの基質として例えばリノール酸をヒドロペルオキシリノール酸にする反応を触媒する酵素.鉄を含む.ダイズ種子の中に多く存在しダイズ脂の劣化の原因になるとされている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

リポキシゲナーゼの関連キーワードアルコールデヒドロゲナーゼフェノラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼトリプトファンオキシゲナーゼリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)ルシフェラーゼアスコルビン酸オキシダーゼアルデヒドオキシダーゼイソ吉草酸CoA脱水素酵素

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リポキシゲナーゼの関連情報