コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポキシゲナーゼ

1件 の用語解説(リポキシゲナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リポキシゲナーゼ

 (1) [EC1.13.11.31](12-lipoxygenase),[EC1.13.11.34](15-lipoxygenase),[EC1.13.11.33](5-lipoxygenase).ジオキシゲナーゼでシス型ポリエン酸に作用してヒドロペルオキシドを生成する反応を触媒する酵素.自然界に広く分布している.[EC1.13.11.34]の酵素はロイコトリエンの合成に重要とされる.(2) リポキシダーゼともいう.[EC1.13.11.12]酸素を一つの基質として例えばリノール酸をヒドロペルオキシリノール酸にする反応を触媒する酵素.鉄を含む.ダイズ種子の中に多く存在しダイズ脂の劣化の原因になるとされている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リポキシゲナーゼの関連キーワードカタラーゼフェノラーゼルシフェラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼアルコールデヒドロゲナーゼトリプトファンオキシゲナーゼトリプトファンジオキシゲナーゼリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)小岸壮二

リポキシゲナーゼの関連情報