コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リモージュ七宝 リモージュしっぽうLimoge painted enamels

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リモージュ七宝
リモージュしっぽう
Limoge painted enamels

フランスのリモージュ地方で産する七宝。7世紀に聖エロワが技術を導入したと伝えられ,ルネサンス時代に最も栄え今日もなお盛んに行われている。特色は銅や銀の胎 (地金) の上に直接に色釉で絵付けする点で,非常に絵画的で華麗。有線七宝 (→クロワゾンネ ) はあまり行われなかったが,胎に加工して釉 (うわぐすり) を差すグリザイユシャンルベの技法が多用された。近世までの製品は宗教法具類が主であったが,今日では食器のほか七宝飾り額,アクセサリーなどが主製品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone