コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色釉 イログスリ

大辞林 第三版の解説

いろぐすり【色釉】

陶磁器の上絵用に各種の酸化金属や金属化合物を混ぜた釉うわぐすり。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の色釉の言及

【陶磁器】より

…同じ物質が何種類かの色を呈するのは焼成温度,焼成雰囲気あるいはうわぐすりの差によるものである。うわぐすりにもともと色が付いているもの,すなわち彩飾と釉掛が同時にできるものが色釉である。陶磁器の製造工程の代表的な例を図2に示す。…

※「色釉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色釉の関連キーワードクロムアルミナピンク徳田八十吉(3代)クロムスズピンクリモージュ七宝カルタミナル大畑忠左衛門河野仙右衛門クロワゾンネペルシア三彩ペルシア陶器河井寛次郎パリッシーマジョリカうわぐすりトルコ陶器瀬戸天目高麗青磁李朝白磁ガブリ手瀬戸唐津

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色釉の関連情報