コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リャシコ Lyashko, Nikolai Nikolaevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リャシコ
Lyashko, Nikolai Nikolaevich

[生]1884.11.29.
[没]1953.8.26. モスクワ
ソ連の小説家。代表作『溶鉱炉』 Domennaya pech' (1925) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リャシコ
りゃしこ
Николай Николаевич Ляшко Nikolay Nikolaevich Lyashko
(1884―1953)

ソ連の小説家。本名リャシチェンコЛященко/Lyashchenko。少年時代から各種の職業を遍歴し、革命運動に参加。たび重なる投獄、流刑の間に短編小説を書き始め、自己の体験をつづった。革命後「鍛冶屋(クーズニツァ)」グループの指導者の1人としてプロレタリア文学運動に加わる。代表作に、工場再建に働くボリシェビキを描いた『溶鉱炉』(1925)、自伝的長編『甘い徒刑』(第1部1934、第2部1936)がある。[水野忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リャシコの関連キーワード11月7日水野忠夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android