コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウキュウアオイガイ リュウキュウアオイガイCorculum cardissa; true heart cockle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウキュウアオイガイ
Corculum cardissa; true heart cockle

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科。長 2.8cm,殻高 6.5cm,殻幅 4cm。殻は前後に扁圧されて扁平になった心臓形で,殻頂より腹縁へ竜骨状の肋が走り,その上にとげがあり,前面は後面よりもふくらむ。殻頂は強く内方へ巻込み,殻表には 30本内外の弱い放射肋が出て,その上に弱い鱗状突起がある。殻色は全体に淡黄色。奄美大島以南のインド洋,太平洋に分布し,サンゴ礁の砂底にすみ,軟体には褐虫藻 Zooxantellaが共生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウキュウアオイガイ
りゅうきゅうあおいがい / 琉球葵貝
[学]Corculum cardissa

軟体動物門二枚貝綱ザルガイ科の二枚貝。奄美(あまみ)諸島以南の太平洋およびインド洋の東部に分布し、サンゴ礁域の砂底にすむ。殻長28ミリ、殻高65ミリ、殻幅60ミリに達し、一般の二枚貝が左右に扁圧(へんあつ)されているのに対し、本種は前後に扁圧されたハート形である。左右の殻は中央に殻頂から強い肋(ろく)が出て、その上に鱗(うろこ)状の棘(とげ)を生じ、非常に変わった形をしている。殻色は淡黄色、内面は白色を帯びる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android