コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュクサンブール公 リュクサンブールこうLuxembourg, François-Henri de Montmorency-Bouteville, Duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュクサンブール公
リュクサンブールこう
Luxembourg, François-Henri de Montmorency-Bouteville, Duc de

[生]1628.1.8. パリ
[没]1695.1.4. ベルサイユ
フランスの軍人。大コンデの寵臣としてフロンドの乱に参加し,ピレネー条約 (1659) 後,宮廷と和解,フランスに帰った。フランシュコンテの征服,オランダ戦争 (72~79) に貢献。 F.ルーボアと対立して 1679年毒薬事件に巻込まれ,80年1月投獄,4ヵ月後に釈放されたが,パリとベルサイユから追放され,81年近衛隊長として復帰。のち陸軍司令官としてルイ 14世の数度の対外戦争,特にファルツ戦争で敵から数多くの軍旗を奪い,ノートル=ダム大聖堂の周囲に垂れ下げたため,「ノートル=ダムの絨毯業者」とあだ名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リュクサンブール公の関連キーワードリュクサンブール宮殿リュクサンブール公園自由の女神像ラ・サル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android