ピレネー条約(読み)ピレネーじょうやく(英語表記)Treaty of the Pyrenees

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレネー条約
ピレネーじょうやく
Treaty of the Pyrenees

1659年 11月7日フランスの宰相 J.マザランスペインの首相ルイス・デ・アロによって締結されたフランスとスペインの和平条約。フランスはフランドル,エノー,リュクサンブールの一部とアルトアルーシヨン伯領を獲得し,スペイン王フェリペ4世の長女マリア・テレサ (マリ・テレーズ ) とフランス王ルイ 14世の結婚が取決められた (1660結婚) 。ルイ 14世はマリア・テレサへの 50万エキュの婚資を条件としてスペイン王位継承権の放棄を課せられたが,この和約によってヨーロッパにおける政治的優位はスペインからフランスに移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピレネー条約【ピレネーじょうやく】

1659年フランスとスペインの間に結ばれた平和条約。三十年戦争以来の両国対決が一応解決。スペイン国王フェリペ4世の王女マリア・テレサとフランス国王ルイ14世との結婚がとりきめられ,ルーション地方,アルトア地方などが正式にフランスに譲渡された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピレネー条約
ぴれねーじょうやく

フランスとスペインとの間に1659年11月7日結ばれた平和条約。1635年フランスの三十年戦争参戦以来、戦争状態にあった両国は、58年の砂丘の戦いでのフランス軍の勝利を機に、翌年講和を結んだ。フランスはピレネーPyrénées山地のルシヨンとセルダーニュおよびアルトアの一部を獲得した。また、ルイ14世とスペイン王女マリア・テレサとの結婚が成立し、50万エキュの持参金をスペインは支払うことになった。これはその後ルイ14世のフランドル侵略にあたり、王妃の権利を主張させる論拠となった。この条約は、ウェストファリア条約(1648)とともに、スペインの没落を決定づけ、フランス優位の時代を開いた。

[千葉治男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ピレネー条約
ピレネーじょうやく
Traité des Pyrénées

1659年11月7日,フランスとスペイン間に結ばれた条約
フランスはアルトワ・フランドルの一部を得,スペイン王ルイ14世の妃と決定。のちのスペイン継承戦争遠因となる。宰相マザランの外交により,ブルボン朝繁栄の基礎がつくられた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のピレネー条約の言及

【カタルニャ】より

… ところが,1620年代にカスティリャのオリバレス伯公爵が画一的に半島を統治する政策を打ち出したため,カタルニャでは暴動が勃発した(1640)。このとき,フランスはカタルニャを支援し,オリバレス伯公爵の政策は失敗に帰したが,カスティリャとフランス王国の間で結ばれたピレネー条約(1659)により,ルーシヨン(ピレネー山脈の東端にあったカタルニャ領土)はフランスに奪い取られてしまった。外国の介入を招いたスペイン人同士の戦いは,続く18世紀初頭のスペイン継承戦争においても展開された。…

【フェリペ[4世]】より

…しかしウェストファリア条約(1648)の結果,オランダは正式に独立を承認され,同じハプスブルク王家を頂くスペイン,オーストリア両国の国際的地位は大幅に低下した。宿敵フランスとは長年にわたって激しい対立抗争を続けてきたが,形勢は日増しに悪化し,オリバレスの失脚後,その後を継いだ新しい寵臣ルイス・デ・アロLuis Menéndez de Haroは,ピレネー条約(1659)によってスペイン,フランス国境周辺のロセリョン,セルダーニャ両地方を失うなど,ルイ14世に屈服した。国内では,オリバレスの強圧的な中央集権化政策に反発して,1640年からカタルニャ,ポルトガルをはじめ,アンダルシア,アラゴン,シチリア,ナポリなどで相次いで反乱が起こった。…

【マザラン】より

…対外的には,48年ウェストファリア条約において三十年戦争を終結させ,アルザスをハプスブルク家から奪うなどして外交手腕を発揮した。また,その後もフランス侵入をやめなかったスペインとの間に,59年ピレネー条約を締結,この条約でフランスはアルトアとルーションを獲得し,ハプスブルク勢力に対する優位を決定づけた。マザランは,剛直なリシュリューと違い,柔軟で巧みな政治的かけひきを身上とし,また,巨額の個人資産を蓄えて不評を買った。…

※「ピレネー条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android