コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュッティンガーの定理 Luttinger theorem

1件 の用語解説(リュッティンガーの定理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

リュッティンガーの定理【Luttinger theorem】

ラッティンジャーの定理*ともいう.金属結晶の中における電子のフェルミ面について,電子間相互作用の影響を示す基本的な定理である.

現実の金属中の電子系は,結晶格子中のポテンシャル場の中を運動する多数の電子からなるフェルミ液体*なので,通常の一体近似におけるフェルミ面は近似的な意味しかもたないが,それでも波数空間中で素励起状態を記述する準粒子を考えると,これが基底状態にあるものと,上の空いている状態にあるものとははっきり定義でき,同じようにフェルミ面も定義可能である.この準粒子のフェルミ面は,一体近似のフェルミ面とは形状は異なるが,波数空間内で面によって囲まれる領域の体積は相等しい

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リュッティンガーの定理の関連キーワードレンジャーイスラエル‐カーターの定理オレイフェアタイの定理コルモゴロフ‐アーノルド‐モーザーの定理シュタイナーの定理相反作用の定理ファリーの定理ブラヴェルの定理ブロッホの定理(固体物理学)ラッティンジャーの定理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone