コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュネビル リュネビル Lunéville

2件 の用語解説(リュネビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュネビル
リュネビル
Lunéville

フランス北東部,ムルトエモーゼル県南東部の町。ナンシー東南東約 30kmに位置する。ベルサイユ様式の城,ロココ様式の聖堂などのある 18世紀の計画都市。 1766年からフランス領。穀物,綿織物,鉄道機材を生産。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュネビル
りゅねびる
Lunville

フランス北東部、ムルト・エ・モーゼル県の都市。人口2万0200(1999)。パリの東方360キロメートルに位置し、モーゼル川支流のムルト川に臨む。ロレーヌ工業地帯にあり、鉄鋼、繊維、機械、電子のほか、伝統ある陶器製造などの工業が盛ん。1344年ロレーヌ公の領地となり、1736年以後ポーランド国王からロレーヌ公となったスタニスラスStanislas Leszczyski(1677―1766)の居所となった。市街には18世紀のおもかげが残り、18世紀建造の城には美しい庭園と博物館がある。サン・ジャック教会(18世紀)も有名。1801年、カンポ・フォルミオ条約(1797)を確認する講和条約がこの地で締結された。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリュネビルの言及

【ラ・トゥール】より

…しかしその画風の単純性や主題の宗教性からはその可能性は少ない。20年からナンシー近郊のリュネビルLunévilleに工房をかまえ,死ぬまでそこを離れなかったと思われる。この都市は交通の要衝でブルゴーニュ地方やメッス,ナンシーといった都市との連絡が密であるとともに,三十年戦争の舞台ともなったところである。…

※「リュネビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リュネビルの関連キーワードナンシーモーゼル銃ロレーヌモーゼルワインアリアンス広場メス大聖堂メッスフランス領ソマリランドモーゼル運河ザール[川]

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュネビルの関連情報