計画都市(読み)けいかくとし(英語表記)planned city

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある特定な都市機能が十分に発揮できるよう,あらかじめ立てられた都市計画によって建設された都市。自然発生的な都市に対して,人工都市ともいわれる。ワシントン D.C. (アメリカ) ,キャンベラ (オーストラリア) ,ブラジリア (ブラジル) などの新首都や,大都市周辺の衛星都市はこの例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

計画的に設計、立案された都市。都市は産業活動や生活の必要によって人口を集め、市街を発達させる。健全な市民生活のためには、道路、上下水道、緑地などや社会施設が用意されなければならない。都市は計画と自然の成長力とによって育つ。一方、中近世には領主、社寺などにより、近代以降は国家計画として都市が立地し建設されることが多かった。古代には中国の長安、日本の平城京、平安京などの碁盤目状都市、近世には放射状路のカールスルーエ(ドイツ)やパリなどの都市がつくられた。現代の計画都市にはオーストラリアのキャンベラ、ブラジルのブラジリアなどがある。

[木内信藏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

計画都市の関連情報