コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューデスハイム リューデスハイムRüdesheim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューデスハイム
Rüdesheim

正式名称はリューデスハイムアムライン Rüdesheim am Rhein。ドイツ中部,ヘッセン州の小都市。ライン川右岸,タウヌス山地がライン峡谷となる部分の南端に位置する。対岸はビンゲン。ケルト人ローマ人の居住地。 1200年頃マインツ大司教領,その後 1548年までリューデスハイム騎士団に属した。ブドウ栽培の盛んなラインガウ地方の中心地で,ワインのほか,ブランデー発泡ワインゼクト」の産地として知られる。エーレンフェルス城址 (1210頃) やドイツ帝国誕生 (1871) を記念する「ゲルマニア」の像もあり,多くの観光客を集めている。人口 9754 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リューデスハイム(Rüdesheim am Rhein)

ドイツ西部、ヘッセン州の町。ライン川に面する。正式名称はリューデスハイム‐アム‐ライン。ワインの産地として知られ、旧市街中心にはつぐみ横丁呼ばれるワイン酒場が集まる一角があり、観光客に人気が高い。10世紀に建造されたロマネスク様式のブレムザー城があり、現在はワイン博物館として公開されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone