コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リョウ沸石(菱沸石) りょうふっせきchabazite

世界大百科事典 第2版の解説

りょうふっせき【リョウ沸石(菱沸石) chabazite】

沸石の一種で立方体に近い菱面体の外形に特徴がある。化学成分は(Ca,Na2)(Al2Si4O12)・6H2O。三方晶系に属し,六面体の外形を示すが,粒状,塊状となる場合もある。比重2.05~2.10,モース硬度4.5。無色,白色,淡灰色,帯黄色,帯緑色,帯紅色を呈し,ガラス光沢がある。Ca,Naの全域にわたる固溶体を形成する。分解した安山岩,玄武岩などの空隙中に他の沸石や方解石などとともに良好な結晶として産出することが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リョウ沸石(菱沸石)の関連キーワード玄武岩固溶体安山岩六面体塊状

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android