コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リラの僧院 リラノソウイン

2件 の用語解説(リラの僧院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リラ‐の‐そういん〔‐ソウヰン〕【リラの僧院】

Rilski manastirРилски манастир》⇒リラ修道院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報の解説

リラの僧院

ブルガリアの首都ソフィアから南に120km。現地では「リルスキー」とよばれるリラの僧院ブルガリア正教の総本山です。10世紀にイヴァン・リルスキ僧によって建立。14世紀に国王の庇護のもと現在のかたちになりました。1833年の火事でほとんどが焼失しましたが再建され、1983年に世界遺産に登録されました。その芸術性は高く評価されており、特にブルガリア正教独特の色彩豊かなイコンが見ものです。オスマン朝に支配された時代もこの僧院だけは、キリスト教信仰、ブルガリア語の書物の制限から黙認され、ブルガリア人の心のよりどころでした。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リラの僧院の関連キーワードブルガリア勃牙利Средец聖ソフィア教会聖ネデリャ教会СердикаВитошкаビトシャ通りボリス公園マリアルイザ通り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone