コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リラの僧院 リラノソウイン

2件 の用語解説(リラの僧院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リラ‐の‐そういん〔‐ソウヰン〕【リラの僧院】

Rilski manastirРилски манастир》⇒リラ修道院

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産情報の解説

リラの僧院

ブルガリアの首都ソフィアから南に120km。現地では「リルスキー」とよばれるリラの僧院ブルガリア正教の総本山です。10世紀にイヴァン・リルスキ僧によって建立。14世紀に国王の庇護のもと現在のかたちになりました。1833年の火事でほとんどが焼失しましたが再建され、1983年に世界遺産に登録されました。その芸術性は高く評価されており、特にブルガリア正教独特の色彩豊かなイコンが見ものです。オスマン朝に支配された時代もこの僧院だけは、キリスト教信仰、ブルガリア語の書物の制限から黙認され、ブルガリア人の心のよりどころでした。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
世界遺産情報について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone