コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リラの僧院 リラノソウイン

デジタル大辞泉の解説

リラ‐の‐そういん〔‐ソウヰン〕【リラの僧院】

Rilski manastirРилски манастир》⇒リラ修道院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産情報の解説

リラの僧院

ブルガリアの首都ソフィアから南に120km。現地では「リルスキー」とよばれるリラの僧院はブルガリア正教の総本山です。10世紀にイヴァン・リルスキ僧によって建立。14世紀に国王の庇護のもと現在のかたちになりました。1833年の火事でほとんどが焼失しましたが再建され、1983年に世界遺産に登録されました。その芸術性は高く評価されており、特にブルガリア正教独特の色彩豊かなイコンが見ものです。オスマン朝に支配された時代もこの僧院だけは、キリスト教信仰、ブルガリア語の書物の制限から黙認され、ブルガリア人の心のよりどころでした。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

リラの僧院の関連キーワードリラ修道院リラ修道院クルシェドル修道院ストゥデニツァ修道院聖ナウム修道院聖パンテレイモン修道院ソポチャニ修道院ツェティニェ修道院バチコボ修道院バチコボ僧院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android