リンチェンサムポ(読み)りんちぇんさむぽ(英語表記)Rin chen bzang po

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンチェンサムポ
りんちぇんさむぽ
Rin chen bzang po
(958―1055)

チベットの仏教後伝期初頭に活躍した大翻訳家。13歳で出家し、前後3回インドに渡り、カシミールに滞在して顕教と密教を学んだが、とくに密教の「ヨーガタントラ」や「アヌタラヨーガタントラ」などの教法を習得したとされる。新訳と称される彼の翻訳も顕密に伝わり、新訳タントラは以後のチベット仏教の確立に影響を与えた。彼は西チベットに多数の寺院を建立し、イェシェオエYe shes 'od王(959―1040ころ)に贈られたトディン寺に住した。85歳のときに同寺でインド僧アティーシャと会い、共訳も行った。98歳でカツェゴカルで没した。[原田 覺]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android