コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンベ Limbe

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンベ
りんべ
Limbe

アフリカ中部、カメルーン南西部の港町。カメルーン山南麓(なんろく)に位置し、ギニア湾奥に面する。旧称ビクトリア。人口8万4500(2001推計)、12万5297(2010推計)。カメルーン山麓に広がるアブラヤシ、ゴム、バナナなどのプランテーションを経営する開発公社の本部、北西沖で産出する原油の製油所などがあり、2008年にセメント工場が進出した。アフリカ大西洋岸のなかでもっとも気候がよく、黒砂ビーチとして知られる国際的観光保養地でもある。北15キロメートルにあるブエアBuea(人口4万7300=2001推定、5万9975=2010推計、標高1000メートル)はドイツ領時代(1901~1919)とイギリスの信任統治領南カメルーン時代(1949~1961)の首都で、冷涼な気候のため避暑地として利用される。カメルーンの国立大学で唯一イギリス方式の教育が行われるブエア大学がある。[門村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リンベの関連キーワードビクトリア(カメルーン)ビルカとホーヴゴーデンバッチオ・ダーニョロトレポネーマ感染症グレートケッペル島オルティン・ドービクトリア州ブランタイアペニシリンアンスガー10月9日遠海まりこ池本小百合抗生物質エレブニエッセン川西佑佳ブエア

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android