コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸トリエチル リンさんトリエチルtriethyl phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸トリエチル
リンさんトリエチル
triethyl phosphate

化学式 (C2H5O)3PO 。リン酸のエチルエステルの一つ。エチルアルコールに塩化ホスホリルを作用させて得られる。沸点 215℃の液体。エチルアルコール,エーテルに可溶。水にも溶けるが一部分解する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のリン酸トリエチルの言及

【エステル】より

…亜硝酸アミルC5H11ONOは快香をもつ液体(沸点96℃)で,血管を拡張する作用があるため狭心症の治療薬として用いられる。リン酸のエステルであるリン酸トリエチルは無色の液体(沸点216~217℃)で,ニトロセルロースや酢酸セルロースの溶剤として用いられたり,ゴムや合成樹脂の可塑剤として用いられる。また,リン酸エステルは生体内で多く見いだされ,生命現象に重要な役割を果たしている。…

※「リン酸トリエチル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リン酸トリエチルの関連キーワードヘキスト‐ワッカー法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android