コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーターニー川 リーターニーがわNahr al-Lītānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーターニー川
リーターニーがわ
Nahr al-Lītānī

ラテン語でレオンテス川。レバノンの主要な河川。古代ローマ遺跡バールベック西方の低い分水界に水源を発し,レバノン山脈アンティレバノン山脈の間のビカー高地を南西に流れ,イスラエルとの国境に近いマルジャユーン付近で西へ急転し,深さ 275mの峡谷によってレバノン山脈を切断して,サイダ (シドン) の南で地中海へ注ぐ。下流はカーシミーヤ川として知られている。全長 150kmに満たないが,レバノンで最も広範に耕作が行われている地域の一つであるビカー高地を灌漑し,1958年に始るリーターニー川開発公社の電力供給の原動力となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リーターニー川の関連キーワードガリラヤ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android