コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーディング産業 リーディングさんぎょうleading industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーディング産業
リーディングさんぎょう
leading industry

国や地域の経済発展を主導していく中核的な産業のこと。日本では,第2次世界大戦後の復興期においては石炭産業などのエネルギー部門に傾斜的に資金が投じられ,経済発展の基盤を形成した。その後繊維産業や造船業が国際競争力を確保し,その貴重な外貨を利用して諸産業の設備の近代化がはかられていった。昭和 30年代後半からの高度成長期には,鉄鋼業などの素材型の基幹産業や家庭電気製品などの製造業が経済活動の牽引力となった。 1973年の石油危機を契機として経済は安定成長期に入り,リーディング産業も自動車産業やエレクトロニクス産業へ移行。その後今日にいたるまで両産業が中心となって産業活動を展開しているが,産業としての成熟期を迎えつつあるとも指摘されており,新たなリーディング産業の台頭が待たれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リーディング‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【リーディング産業】

一国の経済成長の牽引役となる産業。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

リーディングさんぎょう【リーディング産業】

一国や地域の経済成長の牽引けんいん車的役割を担う産業。リーディング-インダストリー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

リーディング産業の関連キーワードコンテンツ産業振興基本法インダストリー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android