コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ13世様式 ルイじゅうさんせいようしきLouis XIII style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ13世様式
ルイじゅうさんせいようしき
Louis XIII style

1620~60年のフランスの美術様式。ルイ 13世,リシュリュー,マザランの時代で,建築では,初めアンリ4世時代の赤煉瓦と白い縁石,青のスレートぶきの屋根が普及した。グロボアの邸館 (1600頃) ,フランソア・マンサールのバルロアの邸館 (1626~36) などがその例である。他方,サロモン・ド・ブロスのパリのリュクサンブール宮殿 (1614頃~30) ,ジャック・ルメルシエのルーブル宮殿の時計のパビリオン (1624) ,マンサールのメゾンの邸館 (1642~48) ,ルイ・ル・ボーのビコントの邸館 (1657~61) などのようなバロック的傾向をもった石造建築も建てられた。聖堂建築では,ルメルシエのソルボンヌ聖堂 (パリ,1635~40頃) ,マンサールのバル・ド・グラース聖堂 (1645~46) が代表作で,いずれもイル・ジェズ聖堂型のファサードをもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルイ13世様式の関連キーワードシャルルビルメジエールルイ様式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android