コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェンゾリ山脈 ルウェンゾリさんみゃくRuwenzori Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルウェンゾリ山脈
ルウェンゾリさんみゃく
Ruwenzori Range

コンゴ民主共和国ウガンダの国境地帯にある山脈。ミトゥンバ山脈の北部を占め,モブツセセセコ湖西岸からエドワード湖の間に連なる。東西約 50km,南北 130km。六つの地塊よりなり,西側はグレートリフトバレーに続く急斜面,東側は広大な森林の緩斜面となっている。最高峰マルゲリータ山 (5119m) 。万年雪のある高峰が数峰あり,ゾウ,バッファローなど大型獣の生息は森林限界線まで,小動物は雪線まで。クラウディオス・プトレマイオスナイル川の源泉と考えて呼んだ「月の山」に該当するといわれており,1887~89年にヘンリー・M.スタンレーが探検,1906年イタリアのルイジ・アメデオ・アブルッチが全峰を踏破,地形図を作成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone