コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪線 せっせん snow line

翻訳|snow line

6件 の用語解説(雪線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雪線
せっせん
snow line

降雪量と融雪量の等しい地点を連ねた線。気候学的雪線(→気候学)と地形学的雪線(→地形学)がある。気候学的雪線は気温,降水量など気候条件によって定まる。地形学的雪線は,日陰や風のあたらない谷間によって積雪の蒸発と融雪が阻止され,夏になっても雪が残った部分を連ねた線で,気候学的雪線より低くなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっ‐せん【雪線】

降った雪が一年じゅう消えない地域の下限を連ねた線。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雪線【せっせん】

年間の融雪量と降雪量の等しい地点を結んだ地理上の線。この線以上または以北(南半球では以南)の地帯では,年間を通じて積雪は消えない。赤道付近では標高約5000m,中緯度のアルプスピレネー山脈では約3000m,高緯度グリーンランドでは500mくらいの高さに雪線がある。
→関連項目万年雪

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せっせん【雪線 snowline】

氷河を涵養(かんよう)域と消耗域とに分ける線(均衡線)の長期間にわたる平均的な位置をさす。涵養域では降雪量が融雪量より多く,消耗域では融雪量が降雪量を上回る。したがって,冬の降雪によって涵養されている氷河では,氷河の表面を覆った積雪は夏になると低いほうからしだいにとけていき,夏の終りには涵養域だけが積雪に覆われ,消耗域では氷河の氷が直接露出することになる。このように積雪の下限を連ねる線を雪線とよぶこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せっせん【雪線】

一年間の積雪量と融雪量とが等しくなった地点を連ねた線。これより高い山地では万年雪におおわれる。赤道地帯では約4200メートル 以上、ヒマラヤでは海抜約5000メートル 以上。アルプスでは約2800メートル 以上、南極大陸では海面。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪線
せっせん
snowline

氷河の涵養(かんよう)域と消耗(しょうもう)域の境界(均衡線)の長期間にわたる平均的な位置をさす。氷河の涵養域では降雪量が融雪量を上回り、消耗域では逆に融雪量が降雪量を上回る。したがって、氷河の上で降雪量と融雪量が等しい点を連ねた線が雪線であるといってもよい。これに対して、氷河のない山地でも、夏になると上昇していく積雪の下限線を雪線とよぶことがある。氷河の分布は周りの地形や方位によって影響を受けるので、雪線の位置(高さ)は氷河によって異なる。このように実際の雪線は地形の影響を強く受けているので、これを地形的雪線ということもある。一方、ある地域全体にわたる地形的雪線の平均値を広域的雪線という。広域的雪線はその地域の気候を示す手掛りになるので、これを気候的雪線とよぶこともある。雪線の高さは一般に極地方から赤道に向かって、また湿潤な地域から乾燥地域に向かって上昇する。第四紀の氷期には、雪線の高さがいまより1000~1500メートルも低下していたことが知られており、現在では雪線を越える山岳のない日本でも、氷河が発達していた。[小野有五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雪線の言及

【氷河】より

…二つの区域を分ける線を平衡線という。平衡線は雪氷学の用語で,自然地理学では古くから雪線snow lineという用語が用いられている。ただし概念はやや異なり,空間的にも時間的にも平均化した状態の境界線という意味が強く,その位置は観測により定めるのではなく景観的に,あるいは近似法で推定する。…

【万年雪】より

…以前はフィルンのことを万年雪と呼んだこともあるが,現在ではフィルンを積雪の物理的性質を表す名称とし,万年雪はフィルンからなる越年性雪渓を指すというふうに両者を区別して用いるのがよいとされている。万年雪の下限,すなわち年間の雪の堆積量と融解などによる消耗量とが等しい点を連ねた線を雪線snow lineという。その高度は降雪量,気温などの気候因子に支配されるので気候的雪線とも呼ばれ,一般に高緯度地方ほど雪線高度は低くなる。…

【氷河】より

…二つの区域を分ける線を平衡線という。平衡線は雪氷学の用語で,自然地理学では古くから雪線snow lineという用語が用いられている。ただし概念はやや異なり,空間的にも時間的にも平均化した状態の境界線という意味が強く,その位置は観測により定めるのではなく景観的に,あるいは近似法で推定する。…

【万年雪】より

…以前はフィルンのことを万年雪と呼んだこともあるが,現在ではフィルンを積雪の物理的性質を表す名称とし,万年雪はフィルンからなる越年性雪渓を指すというふうに両者を区別して用いるのがよいとされている。万年雪の下限,すなわち年間の雪の堆積量と融解などによる消耗量とが等しい点を連ねた線を雪線snow lineという。その高度は降雪量,気温などの気候因子に支配されるので気候的雪線とも呼ばれ,一般に高緯度地方ほど雪線高度は低くなる。…

※「雪線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雪線の関連キーワード周氷河地形線引き流域涵養換用簡要慣用音胸算用涵養井消耗域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone