コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルカシェビッチ Łukasiewicz, Jan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルカシェビッチ
Łukasiewicz, Jan

[生]1878.12.21. リボフ
[没]1956.2.13. ダブリン
ポーランドの哲学者,論理学者。ワルシャワ大学で哲学,論理学を教えたのち,第2次世界大戦後招かれてアイルランドにおもむき,ダブリンのロイヤル・アイリッシュ・アカデミーで数学的論理学を教えた。命題論理に関して,真・偽という2つの論理的価値のうえに立つ通常の命題論理に対して多価値的論理学を提唱した。門下に A.タルスキー,リンデンバウム,S.ヤスコウスキーらがいる。主著『確率算出法の論理的基礎』 Die logischen Grundlagen der Wahrscheinlichkeitsrechnung (1913) ,『数学的論理学初歩』 Elementy logiki matematycznej (29) ,『アリストテレスの三段論法』 Aristotle's Syllogistic from the Standpoint of Modern Formal Logic (51) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルカシェビッチの関連キーワード多値論理学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android