コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアトン エアトン William Edward Ayrton

7件 の用語解説(エアトンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エアトン(William Edward Ayrton)

[1847~1908]英国の電気工学者。1873年(明治6)日本政府の招きで来日し、電気工学の基礎を築くのに寄与。日本最初のアーク灯の点灯に成功。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エアトン

英国の電気工学者。1873年−1878年来日し工部省工学寮(工部大学校)の初代教授。物理学,電信を教え,日本電気工学界の発展に寄与。1878年,中央電信局開局祝宴の際,日本最初のアーク灯を点じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エアトン Ayrton, William Edward

1847-1908 イギリスの電気工学者。
1847年9月14日生まれ。明治6年(1873)来日,工学寮(東大工学部の前身)で電信学と物理学をおしえる。11年3月25日日本最初のアーク灯を点灯。その日がのちに電気記念日となった。12年帰国。1908年11月8日死去。61歳。ロンドン出身。ユニバーシティー-カレッジ卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

エアトン

没年:1908.11.8(1908.11.8)
生年:1847.9.14
明治期に来日したお雇い外国人イギリス人物理学者,電気工学者。ロンドン生まれ。ユニバーシティ・カレッジを卒業後,グラスゴー大学トムソン教授(ケルビン卿)のもとで研究に従事。ボンベイで4年間電信架設に携わり,さらにスコットランドのグレート・ウェスタン電信会社に勤務していたとき,トムソンのすすめで,工部省のお雇い教師となった。 明治6(1873)年6月に来日し,工学寮で物理学と電信学を講義し,11年まで在職。研究熱心で有名であり,日本を去る日,出発直前まで学生の実験を指導し,虎の門の工部大学校(東大)から新橋に駆けつけたが汽車が出たあとであったため,直ちに引き返して実験を続け,香港に着くまでにその結果を整理してスエズからロンドンの学会にあててその成果を送ったというエピソードが伝えられている。滞日中,同僚のペリーと協力して50点以上の論文をロンドンの学会誌に発表した。3月25日の電気記念日は,11年のその日,中央電信局の開業式を祝うに当たりエアトンがアーク灯を点じたことにちなんでいる。妻で女医のマチルダも滞日中《Child Life in Japan and Japanese Children Stories》(1879)を著した日本研究者として知られている。 12年に帰国後は,ロンドンのフィンズベリー技術カレッジやセントラル・インスティテューションで実験室教育を創始し,工部大学校で考案したモデルを生かした。これらの学校は,今日のインペリアル科学技術カレッジの母体となった。物理学会長,電気技術者協会長など多くの要職にもついた。主著は《Practical Electricity》(1887)。<参考文献>Perry,J. 《William Edward Ayrton》,三好信浩「教育交渉史におけるブーメラン現象」(『教育科学』19号)

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エアトン【William Edward Ayrton】

1847‐1908
イギリス物理学者,電気工学者。御雇外国人教師として日本の工学寮電信科(現,東京大学工学部電気工学科)の初代教授を務めた。弁護士の子としてロンドンに生まれ,ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで学び,さらにグラスゴーでW.トムソン(ロード・ケルビン)に教えを受けた。インド電信社に勤めたのち,1873年から79年まで在日して工部省工学寮で物理学と電信学を講じた。妻マティルダはイギリスでも草分けの女医の一人で,夫とともに来日し,日本で助産婦養成のための学校を開いて教育している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エアトン【William Edward Ayrton】

1847~1908) イギリスの電気工学者。1873~79年(明治6~12)在日。工部大学校(東大工学部の前身)で物理学・電気工学を教え、中央電信局竣工の宴においてアーク灯をともす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアトン
えあとん
William Edward Ayrton
(1847―1908)

イギリスの電気工学者。ロンドンの名家に生まれ、ロンドン・カレッジを卒業後、グラスゴー大学でケルビン1st Baron Kelvinに師事。1867年インド政府の通信局に勤務ののち、1873年(明治6)日本政府の招請を受けて工部大学校(現在の東京大学工学部)教授となり、1878年6月までの5年間、物理学、電気工学を教え、日本の電気工学の誕生に寄与した。帰国後、電気工学の技術教育にあたり、1884年サウスケンジントン大学の電気工学教授となった。また物理学会会長や電気工学会会長なども務めた。日本滞在中の1878年3月25日、グローブ電池50個を使用してアーク灯を点灯、これが日本最初の点灯で「電気の日」として記念されている。また、志田林三郎中野初子(はつね)、浅野応輔、藤岡市助らを育てたほか、イギリスへの留学生送り出しにも多く貢献した。[高橋智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエアトンの言及

【アーク灯】より

…電気利用の最初の光源として,1808年イギリスのH.デービーによって炭素アーク灯が発明されて以来,76年ロシアのP.N.ヤブロチコフが実用化してパリの街路を照明した。日本では79年虎ノ門の工部大学校講堂における中央電信局開業式の祝宴で,イギリス人W.E.エアトンの指導のもと,藤岡市助,中野初子,浅野応輔の学生たちが,グローブ電池50個によってフランス製デュボスク式アーク灯の初点灯に成功,この日3月25日を記念して,1928年以後,電気記念日が制定された。なお,一般に出現したのは,1882年11月1日,銀座の大倉組前に2000燭(しよく)のフランスのブラッシ式炭素アーク灯が点灯されたのが最初である。…

【電気工学】より

…また同じころ,学校における電気の専門教育が始まった。日本では明治6年(1873)イギリスからW.E.エアトンが工部省の工学寮に設けられた工学校の教授に着任し電信科が開校した。明治10年工学寮は工部大学校に改められ,明治17年電信科は電気工学科と改称した。…

※「エアトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エアトンの関連キーワードアビーフォックジョイナーメークヒルハウスブラウンスゴッチェシャンドジュウェットフロラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone