コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクオイル ルクオイルLukoil

1件 の用語解説(ルクオイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルクオイル
Lukoil

ロシアの石油企業。ソビエト連邦時代の 1991年に石油採掘企業 3社が統合されランゲパス・ウライ・コガリネフト Langepas-Urai-Kogalymneftとして発足,1993年に株式会社化され,ルクオイルとなった。原油生産量は国内第1位だが,95%がアゼルバイジャンカザフスタンをはじめとする国外で生産されている。また精製能力もロシア最大級だが,東ヨーロッパにも製油所を保有し,さらにヨーロッパ・旧ソ連諸国とアメリカ合衆国で給油所を運営している。2004年に,ロシア政府は最後まで保有していたルクオイル株式(全株式の 7.6%)をアメリカコノコフィリップスに売却した。コノコフィリプスはその後,ルクオイル株の保有比率を 20%まで引き上げたが,2010年に入って事業再編の一環としてすべて売却した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルクオイルの関連情報