ルジャン族(読み)ルジャンぞく(英語表記)Rejang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルジャン族
ルジャンぞく
Rejang

インドネシア,スマトラ島南部西海岸のベンクルー州に居住する民族。人口約 77万 8000 (1983) 。生業は陸稲耕作,水牛飼育,漁労狩猟採集など。社会の基本単位は単系出自集団で,それぞれが一定領域を所有している。通常は夫方居住婚が一般であるが,婚資を支払わない場合は妻方居住となる。イスラム教を受容したが,各村ではドゥクンと呼ばれる祭司がさまざまな儀礼をとり行うなど,固有宗教の要素が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android