コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルター大小教理問答 ルターだいしょうきょうりもんどうDer grosse Katechismus und der kleine Katechismus

2件 の用語解説(ルター大小教理問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルター大小教理問答
ルターだいしょうきょうりもんどう
Der grosse Katechismus und der kleine Katechismus

ドイツの宗教改革者 M.ルターが 1529年に著わしたキリスト教の信仰を志願者や小児に教えるための書。大,小の2種があるが,十戒,使徒信条主の祈りなどの解説から成り,ルター派の信仰の基本を示すもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルターだいしょうきょうりもんどう【ルター大小教理問答】

宗教改革者ルターによって,いずれも1529年に著された二つの教理問答キリスト教会初期以来の信徒信仰教育の伝統を,聖書中心,神中心,信仰中心の宗教改革的立場により改めて生かして書かれた。1527年以来,ザクセン選帝侯領内の教会巡察によって信徒の信仰的な無知ともいえる状態を見て憂慮したルターが,〈十誡〉〈使徒信条〉〈主の祈り〉など10年来説教や著作で解説してきたものに加え,洗礼と聖餐についても解説して,問答形式にしたものが《小教理問答Kleiner Katechismus》,説教の要約の形にしたものが《大教理問答Grosser Katechismus》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルター大小教理問答の言及

【ルター】より

… 27年には,選帝侯ヨーハンに働きかけ,その命で領内教会巡察に取りかかり,プロテスタント教会の組織化をはじめるが,これはまた以後ドイツの領邦教会体制の始まりともなった。教会巡察はメランヒトンなどによる各地の教会規則制定に至るが,ルターは29年に大小二つの教理問答書(《ルター大小教理問答》)を著して,民衆の信仰教育を心がけた。その年プロテスタントの政治的結集を求める諸侯の願いでもたれたチューリヒのツウィングリとの神学会談は,聖餐論において一致に至らなかったが,30年アウクスブルク国会には,いくつかのルターの信仰告白を基とした,メランヒトン起草の〈アウクスブルク信仰告白〉が提出され,これによってルター派教会がしだいに西欧各地に形成されていく。…

※「ルター大小教理問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルター大小教理問答の関連キーワード召喚財団債権召喚数理統計南信濃ギリシャ総選挙―与党中道右派薄氷の勝利ラムサール条約マスターズ・カップ卓球ポラスマ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone