ルワンダ国際刑事法廷(読み)ルワンダコクサイケイジホウテイ

デジタル大辞泉「ルワンダ国際刑事法廷」の解説

ルワンダ‐こくさいけいじほうてい〔‐コクサイケイジハフテイ〕【ルワンダ国際刑事法廷】

1994年に起きたルワンダ虐殺の首謀者を裁くために設けられた特別法廷国連安全保障理事会決議に基づき、1995年にタンザニア共和国アルーシャに設置された。1997年から審理を開始。虐殺に関与した当時の首相・大臣・県知事・市長などが有罪判決を受けた。ルワンダ国際戦犯法廷ICTR(International Criminal Tribunal for Rwanda)。
[補説]旧ユーゴスラビアで行われた大量虐殺等の責任者を裁く旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(1993年設置)などとともに、常設国際刑事裁判所を設立する機運が高まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android