コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーズベハーン・バクリー ルーズベハーン・バクリーRūzbehān Baqlī

1件 の用語解説(ルーズベハーン・バクリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーズベハーン・バクリー
ルーズベハーン・バクリー
Rūzbehān Baqlī

[生]1128. シーラーズ
[没]1209
イスラム神秘思想家。人間の形姿のなかに隠された神的顕現を見出そうとした。そしてこの隠された神性のゆえに,人間の愛と神の愛との絆が存在しうると考えた。この愛によって,神との一体化が完成されると主張している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルーズベハーン・バクリーの関連キーワードcomicoインドネシアの先住民県内の津波避難対策西園寺家散木奇歌集マティルダ皇嘉門院平教盛武田信義藤原実長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone