コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートウィヒ3世 ルートウィヒさんせいLudwig III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルートウィヒ3世
ルートウィヒさんせい
Ludwig III

[生]1845.1.7. ミュンヘン
[没]1921.10.18. シャールバール
バイエルン王 (在位 1913~18) 。従兄にあたる狂気王オットー1世の摂政であった父の跡を継ぎ,1912年摂政となり,13年 11月みずから王位についた。農業,交通に興味をもち,また芸術を保護した。 18年ドイツ帝国崩壊とともにバイエルンにも革命が起り退位,国外に逃亡し,ヨーロッパ最古の王家の一つであるウィッテルスバハ家は終りを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルートウィヒ3世の関連キーワードチューリンゲン(ドイツの地名)バイエルン公国ロルシュ修道院メルセン条約バイエルン州ドイツ史王家在位退位従兄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android