コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイモン4世 レイモンよんせいRaymond IV, Comte de Toulouse, de Saint-Gilles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイモン4世
レイモンよんせい
Raymond IV, Comte de Toulouse, de Saint-Gilles

[生]1041/1042
[没]1105.2.28. モンスペレグリヌス
フランス,ツールーズ伯 (在位 1093頃~1105) ,プロバンス侯 (在位 1066~1105) ,十字軍国家トリポリ伯領の統治者 (在位 02~05) 。教皇ウルバヌス2世が十字軍を提唱すると最初はこれに呼応し,1096年出陣,陸路経由で第1次十字軍に参加。アンチオキアの攻略で軍功を立て,以後エルサレム進軍の実質的な指揮者となった。聖地回復 (1099) ,ビザンチン帝国との連携など十字軍の本来の理想に最も忠実であった人物として知られる。トリポリの周辺に所領を形成し,現地で没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レイモン4世の関連キーワードツールーズ(伯家)アルフォンス1世在位

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android