コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリポリ Tripoli

翻訳|Tripoli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリポリ
Tripoli

リビアの首都で,主要な港湾都市アラビア語ではトラーブルス・アルガルブ Ṭarābulus al-Gharb (西のトリポリの意。レバノンのトリポリと区別する) 。リビア北西部,トリポリタニア地方北部,地中海に臨み,リビアの輸出入の4分の3以上を扱う。前7世紀にフェニキア人の植民都市オエアとして建設され,付近のレプチス・マグナサブラタとともに「三つの都市」と呼ばれた。サハラ砂漠横断交易の地中海側根拠地として,たびたび支配者が代わった。ラッカセイ (落花生) ,オリーブ油,マグロ,柑橘類などを輸出。食料品,衣料品,機械類を輸入する。石油化学,皮革,たばこ,絨毯などの工業がある。肥沃なオアシスに立地した美しい町で,港周辺の旧市街にはマルクス・アウレリウス帝の凱旋門 (163) ,カラマンリ・モスク (1740) などがあり,南東に広がる新市街には官庁,劇場など近代的なビルが立ち並び,リビア王国時代の王宮,総合大学などがある。南西 34kmのところに国際空港がある。人口 106万5405(2006)。

トリポリ
Tripoli

アラビア語ではトラーブルス・アッシャーム Ṭarābulus ash-Shām (東のトリポリの意) 。レバノン北部,首都ベイルートの北北東 65kmに位置し,北レバノン県の行政中心地。アブ・アリ川の両岸に広がる内陸側の市街地と,港を中心とする2地区に分れ,両者は広い街路で結ばれる。前 700年頃に建設され,前 300年頃フェニキアの3都市国家連邦の首都となった。のちセレウコス朝,638年頃からはイスラムの支配を受け,12世紀には一時十字軍に占領されて繁栄した。その後エジプトの王朝の支配下にあったが,第1次世界大戦中はイギリスが占領,1943年レバノン共和国の一部となった。イラクのキルクーク油田地帯からパイプラインで送られてくる石油の積出港で,主産業は製油,石鹸製造,綿織物,海綿採取,たばこ,果物加工などがある。市内には 1294年建造の大モスク,1336年建造のティナル・モスクなどがある。人口 16万 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トリポリ(Tripoli)

レバノン北西部、地中海に面する港湾都市。前7世紀からローマ時代にかけてフェニキアの都市として栄えた。イラクからの石油積み出し港。また精油業が盛ん。タラーブルストラブロストリポリス
リビアの首都。同国北西部、地中海南岸にある港湾都市。フェニキアの植民地オエアとして建設された。旧市街には古代ローマ時代のマルクスアウレリウス門オスマン帝国時代のトリポリ城グルジモスクなどの歴史的建造物が残る。人口、行政区150万(1990)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

トリポリ

(1) 珪藻土のこと.(2) 非常に多孔質で軽い珪質岩で,風化したチャートまたは珪酸質石灰岩の炭酸塩が溶脱して形成されたものをいう.非結晶質のものが多い[Wallerius : 1747, Pettijohn : 1975].米国ミズーリ州のセネカSeneca)付近で発見されたものに命名されたものである.北アフリカのtripoliで発見された珪藻土をtripliteといい,tripoliteとtripoliとは異なったものである[渡辺編 : 1935, 片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリポリ【Tripoli】

リビア西部,地中海に面する港湾都市で,リビアの首都。トリポリタニア主都。人口59万1000(1988)。アラビア語ではタラーブルス・アルガルブṬalāburs al‐Gharb。前10世紀ころフェニキア人により建設され,前6世紀にはカルタゴの,また前146年から後439年まではローマ帝国の支配を受けた。古代においては,ヨーロッパ向け穀物の集散地として,またスーダンなどアフリカ内陸部へのキャラバン・ルートの起点として栄えた。

トリポリ【Tripoli】

レバノン北部の中心都市。人口24万(1991)。港湾都市として紀元前から知られる。アラビア語ではタラーブルス・アッシャームTarāburs al‐Shām。〈三つの都市〉を意味するギリシア風のトリポリという名称の由来はシドン人,テュロス人,アラドス人が3ヵ所に住み分かれていたからで,フェニキア名は不明。イスラム時代に商業・手工業都市として栄え,十字軍時代には一時十字軍によって占拠された。現在はオスマン・トルコ時代の市街区と港湾区とに二分されているが,人口のほとんどがスンナ派のイスラム教徒で,1958年の第1次内戦では反政府派の拠点であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トリポリ【Tripoli】

レバノン北西部、地中海に面する港湾都市。イラクのキルクークからの油送管の終点で、石油の積み出し港。タラブルス。
リビアの首都。地中海に臨む港湾都市。内陸への隊商貿易の基地。古代フェニキア以来の都市で、遺跡に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトリポリの言及

【リビア】より

…正式名称=リビア・アラブ社会主義人民共和国Jamāhīrīya al‐‘Arabīya al‐Lībiyā al‐Ishtirākīya al‐Sa‘biya∥Socialist People’s Libyan Arab Jamahiriya面積=175万7000km2人口(1996)=544万人首都=トリポリTripoli(日本との時差=-7時間)主要言語=アラビア語通貨=リビア・ディーナールLibyan Dīnārアフリカ北部,地中海のシドラ湾周辺からサハラ砂漠にかけて広がる共和国。アラビア語ではリービヤーLībiyā。…

※「トリポリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリポリの関連キーワードピエール・アントニオ クワラントッテイ・ガンビーニアハメドパシャカラマンリーモスクレプティス・マグナの古代遺跡アッサラーイアルハムラアブドルラヒム キーブイタリア・トルコ戦争サブラータの古代遺跡イタリアトルコ戦争ロッザナ ポデスタR. カラーミータイナルモスクエルサレム王国キーゼルグールセントジル要塞アジュダビヤトラブルース殉教者の広場チョウンシーポリリン酸塩カリオタキス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリポリの関連情報