コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レウコテア レウコテアLeukothea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レウコテア
Leukothea

ギリシア神話の海の女神。ヘラに迫害されて気が狂い,息子のメリケルテスを抱き海に身を投げたカドモスの娘イノがその前身とされ,波浪の泡に似た純白の色をしているところから,「白い女神」を意味するこの名で呼ばれる船乗りたちを海難から救うと信じられ,ローマ神話では曙女神のマテル・マツタと同一視された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のレウコテアの言及

【カモメ(鷗)】より

…冬季では顔に褐色の小斑が多数あり,夏翼では純白になる。【柳沢 紀夫】
[神話,伝承]
 カモメはギリシアの美神アフロディテと海の女神レウコテアLeukotheaの霊鳥といわれ,おぼれかけたオデュッセウスを救いにカモメの姿をしたレウコテアが現れたと伝えられている。海と航海を象徴する鳥で,おぼれ死んだ水夫の魂が姿を変えたものともいわれる。…

※「レウコテア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報