狂い(読み)クルイ

デジタル大辞泉「狂い」の解説

くるい〔くるひ〕【狂い】

物事の状態・調子が正常でないこと。「計器狂いが生じる」「一分いちぶ狂いもなく組み立てる」
物事が予定・計画したとおりにいかないこと。「手順に狂いが生じる」
歌舞伎で、物狂いになった主人公の激しい舞や踊り
多く「ぐるい」の形で、複合語として用いる。ある事に夢中になった状態、また、その人を表す。「女狂い」「競馬狂い
気が狂うこと。狂気
冷泉院の―よりは、花山院の―はずちなきものなれ」〈大鏡伊尹
[類語](2変則的変則変格破格イレギュラー異例珍しい異常特異異状非常別条異様奇警法外理不尽非理不条理不合理非合理れる外れる脱線踏み外す逸脱ずれるずれ型破り例外例外的風変わり格外/(4物好き酔狂好事家おたく気違いディレッタントマニア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android