レクスプレス(読み)れくすぷれす(英語表記)L'Express

日本大百科全書(ニッポニカ)「レクスプレス」の解説

レクスプレス
れくすぷれす
L'Express

フランスの週刊誌。1953年5月、ジャン・ジャック・セルバン・シュレベールによって経済雑誌『エコーÉchos別冊として創刊され、64年からはアメリカン・スタイルのニュース・マガジンに変貌(へんぼう)、進歩的なオピニオン誌として第一線の地位を保持してきた。モーリヤックカミュミッテランなど、同誌と歩みをともにした文人たちの名は忘れがたい。70年にセルバン・シュレベールが去り、71年には編集部のデスクたちが反旗を翻して同類の雑誌『ル・ポアン』を創刊するという、いわゆる「レクスプレスの危機」を迎える。77年、フランス出身のイギリス人企業家ジェームズ・ゴールドスミスSir James Michael Goldsmith(1933―97)によって株式の45%を買収され、翌年編集長がフランソアーズ・ジルーFrançoise Giroudからジャン・フランソア・ルベルJean-François Revelへと交代したのを機に、それまでの左翼寄り路線から穏健な保守主義の雑誌へと方向転換して今日に至っている。平均発行部数は約70万部(2000)。

[矢野浩三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android