コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レグミン 〈ドイツ〉Legumin

大辞林 第三版の解説

レグミン【Legumin】

アズキ・エンドウ・ソラマメなどの豆類に多く含まれるグロブリンの一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レグミン
れぐみん
legumin

アズキ、ダイズ、ソラマメ、エンドウなどマメ科植物の種子legumeに含まれるグロブリン性タンパク質で、アルブミン性タンパク質のレグメリンに対応する。食塩水で抽出したあと硫安で塩析させてとることができる。分子量約36万で、4万と2万のサブユニットからなる。発芽期に減少・消失し、結実期に増加する一種の貯蔵タンパク質と考えられている。種子のグロブリンとしてはこのほか、ダイズのグリシニン、インゲンのフッセオリン、ラッカセイ(落花生、ピーナッツ)のアラキンなどがある。グリシニンは、ダイズのタンパク質の約半分を占める。アラキンの分子量は約2万9100でアミノ酸226残基からなる。2003年(平成15)春、グリシニンのA3、B4サブユニット、ホモヘキサマーのX線結晶解析結果が、2.1オングストローム(Å)解像度で、京都大学と富士油化グループから発表された。日本人に身近なダイズのタンパク質であるグリシニンの立体構造が、日本人研究者によって明らかになったことの意義は大きい。[野村晃司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レグミンの関連キーワード豆類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android